[動物園情報No.003]東山動物園

f:id:japan-information:20181008173309j:plain

動物園情報の第3回目は、東山動物園(東山動植物園)です。愛知県名古屋市の観光スポット、名古屋市民のお出かけスポットである東山動物園の魅力をお届けします。

東山動物園とは(東山動植物園とは)

東山動物園は、正式名称を名古屋市東山動植物園といいます。動"植"物園という名称からわかるとおり、植物園も併設しております。園内にはさらに遊園地や高さ地上134m、標高214mの東山スカイタワーもあり、複合的な施設となっております。

日本有数の動物園

東山動物園には年間約240万人(2017年度)が訪れます。この来園者数は東京にある上野動物園についで日本で2位の来園者数です。また園内には約500種の動物がおり、日本の動物園で最多の展示数をほこります。広さは約59.58ヘクタール、広大な敷地のなかに動物園・植物園・遊園地・スカイタワーと複数の施設があり、1日でまわりきるのは大変なほど多くのスポットがあります。

人気の動物

東山動物園で人気の動物の一つがゴリラ。「イケメンゴリラ」で話題になったゴリラのシャバーニがいます。ゴリラのシャバーニがいるゴリラ・チンパンジー舎は、2018年9月に新しくなりオープンしました。日本最大級の室内展示室には、多数のタワー・ロープが設置され、タワーを力強く登る姿や、ロープを器用に渡る姿を観ることができます。また屋外の運動場には、日本一の高さを誇るゴリラタワーがあり、ゴリラの生態を楽しむことができます。

基本情報

名称:東山動植物園(名古屋市東山動植物園、Higashiyama Zoo and Botanical Gardens)

住所:名古屋市千種区東山元町3-70

アクセス:地下鉄東山線「東山公園」3番出口より徒歩3分または「星ヶ丘」駅 6番出口より徒歩7分

敷地面積:約595,800平方メートル

飼育数:約500種

入園者数:約240万人(2017年度)

開演時間:午前9時から午後4時50分まで

休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月1日)

入園料:大人500円、中学生以下無料、名古屋市在住の65歳以上100円

MAP:Google マップ

コインロッカー:正門、北園門にコインロッカーあり。

サービス案内|総合案内|東山動植物園

公式サイト:

www.higashiyama.city.nagoya.jp