[動物園情報No.006]東武動物公園

f:id:japan-information:20190303210138j:plain

動物園の情報をお届けする動物園情報第6回目は、埼玉県にある「東武動物公園」です。東武動物公園は、1981年3月に開園しました。埼玉県内では、東松山市にある県立の「埼玉県こども動物自然公園」とともに多くの方に愛される動物園です。東武動物公園は、商号を「ハイブリッド・レジャーランド 東武動物公園」としており、動物園だけでなく遊園地やプールも楽しめる複合的なレジャー施設です。

東武動物公園とは

東武動物公園は、埼玉県南埼玉郡にある動物園です。東武鉄道の東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)「東武動物公園駅」から歩いて10分程度で行くことができます。埼玉県の中心部からのアクセスもよく、車で40分程度で到着することができます。東武動物公園の運営は、東武伊勢崎線や東武東上線を運営する東武鉄道の子会社である東武レジャー企画株式会社が行っており、民営の動物園です。

ハイブリッド・レジャーランド 東武動物公園

東武動物公園は、名称を「ハイブリッド・レジャーランド 東武動物公園」といい、動物園だけでなく、遊園地やレストラン、夏場にはプールも楽しめます。遊園地には、木製ジェットコースター「レジーナ」や水上をアップダウン、急旋回する動きが特徴のジェットコースター「カワセミ」といった本格的なジェットコースターから、家族で楽しめる乗り物「ふしぎ池のカエルランドリー」など人気のアトラクションがたくさんあります。プールには流れるプールや人工的に波をおこすウェイブプール、さらには複数のスライダーがあり、いろんな楽しみ方ができます。

人気の動物「ホワイトタイガー」

東武動物公園で人気の動物はたくさんいますが、看板となっている動物はホワイトタイガーです。ホワイトタイガーは、世界に250頭ほどしかいないといわれているとても希少な動物です。東武動物公園のホワイトタイガーは、2003年に閉園した宝塚ファミリーランドから移譲されてやってきました。アジアの遺跡をイメージして造られた獣舎に展示されています。大きなガラス越しに迫力満点のホワイトタイガーを観ることができます。

東武動物公園の園内をお家にいながら体験してみよう

東武動物公園では、園内のGoogleストリートビューを公開しています。東武動物公園にいくかどうか迷っている方、すぐにはお出かけできない方、東武動物公園の様子を確認してみたい方はまずはこちらを楽しんでみてはいかがでしょうか。

基本情報

名称:東武動物公園(ハイブリッド・レジャーランド 東武動物公園)

住所:埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110

アクセス:東武スカイツリーライン東武動物公園駅から徒歩で10分

敷地面積:53ha

飼育数:全120種類1200頭

入園者数:17万1841人(2016年度)

開園時間:①冬季:10時00分から16時30分まで

     ②夏季:9時30分から17時30分まで(平日は17時まで)

     開園時間の変動あり。詳細はこちらのリンクから。     

     営業日カレンダー | 営業案内・料金 | 東武動物公園

休園日:6月の水曜日、1月の火・水曜日、2月火・水・木曜日

入園料:大人1,700円(中学生以上)、こども700円(3才以上)、シニア1,000円(60才以上)

MAP:Google マップ

コインロッカー:東ゲート、西ゲート、ゲームセンターカーニバル横、ハートフルタウン、水上木製コースターレジーナ横

公式サイト:東武動物公園 公式サイト|遊園地・動物園・プールの融合したハイブリッド・レジャーランド