[動物園情報No.001]上野動物園

動物園の情報をお届けする動物園情報。第1回は東京都にある上野動物園です。日本で1番有名な動物園と言える上野動物園の情報をお届けします。

f:id:japan-information:20180917170845j:plain

上野動物園とは

上野動物園は、東京都台東区にある動物園。正式名称は東京都恩賜上野動物園ですが、上野動物園という呼び方が一般的です。いくつもの「日本一」を持つ日本の代表的な動物園です。

・来場者数日本一

人口の多い関東・東京にあり、アクセスの良さもあり毎年の来場者数が日本で1番多い動物園です。特に2017年度(2017年4月から2018年3月まで)は、2017年6月に生まれたパンダのシャンシャン効果もあって、6年振りに400万人を超え、約450万人が訪れました。

・日本ではじめてのモノレール

 上野動物園のなかにはモノレールが通っています。実はこのモノレール、日本で初めて開業したモノレールです。正式名称を「上野懸垂線」といい、東京都が運営する路線です。上野動物園の西側と東側を約1分30秒で結び、走行距離は約300メートルで最短のモノレール路線でもあります。

日本最古の動物園

上野動物園は、日本で1番古い動物園です。つまり日本の動物園の歴史は上野動物園から始まりました。上野動物園の開園は1882年(明治15年)、今から約140年近く前に開園しています。当初は上野公園に開かれた博物館の付属施設として開演し、日本全国から集められた動物の展示が行われてました。次第に海外からの寄贈などを中心に世界中の動物が展示されるようになり、今のように世界中の動物たちを見物できる日本の代表的な動物園となりました。

人気の動物

上野動物園には数多くの人気の動物がいます。まずはなんといってもパンダ。正式名称はジャイアントパンダ、日中国交回復を記念し、1972年に中国から日本に初めて2頭のパンダが寄贈されました。上野動物園に来たパンダにより日本中ではパンダブームが起こり、長きに渡って大人気の動物です。現在の上野動物園には、オスのリーリー、メスのシンシン、そしてリーリーとシンシンから2017年6月に生まれた赤ちゃんパンダのシャンシャン(メス)の3頭がいます。

基本情報

名称:上野動物園(東京都恩賜上野動物園)

住所:東京都台東区上野公園9-83

アクセス:JR上野駅、京成電鉄上野駅、東京メトロ銀座線または日比谷線上野駅

開演時間:9時30分から17時00分まで

休園日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月1日)

入園料:大人600円、中学生200円、小学生以下無料、65歳以上300円

    ※都内在住・在学の中学生は無料

    ※無料開園日:開園記念日(3月20日)、みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

MAP:Google マップ

コインロッカー:あり。東園・パンダ舎前と西園・弁天門前の2ヵ所。

公式サイト:

www.tokyo-zoo.net